みるくる北海道観光は北海道札幌市の進風が運営する北海道観光サイトです。自然豊かな北海道が満載のみるくる北海道観光を観光の際にご活用ください

札幌市中央卸売市場‐札幌市

札幌市中央卸売市場‐札幌市

札幌は北海道の旬の食材が集まる街です。
その中心となるのが札幌市中央卸売市場で、一般の人はセリの行われている市場で買い物をすることはできませんが、予約をするとセリを見学することができます。
また水産と青果と分かれていて両方楽しんでいただくことができます。
店舗によっては買い物が出来る所もあるんで楽しんでいただけます。

  • 定休日/日曜日、年末年始(12月15日~1月4日) 市場が定める休市日
  • 営業時間/見学はAM5:00~PM4:00(市場の休市日を除く) 一般は10時~16時
  • 住所/札幌市中央区北12条西20丁目
  • 電話番号/011-611-3111


地域情報
石狩支庁(いしかりしちょう)は、北海道西部に位置する6市1町1村を管轄する支庁。
人口密度は約655人/平方kmと国内8位を誇る兵庫県並み。
支庁所在地は札幌市で、北海道庁の本庁舎の別館にある。
管内南部に支笏洞爺国立公園、北部に暑寒別天売焼尻国定公園、江別市に道立自然公園野幌森林公園がある。
面積/3,539.86km2
人口/2,307,930人
世帯/1,088,751世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

JR桑園駅より徒歩5分、札幌競馬場近くです


<札幌市中央卸売市場‐見所>

夜の12時を過ぎると大型のトラックが続々と集まってきて北海道や全国各地から新鮮な野菜や魚介類などが集まってきます。
市場の周りには夜中でもにぎわっていて絶えず荷降ろしの声や音が聞こえてきます。
新鮮なカニや鮭のセリは見ごたえバツグンです。
青果の方でも年に一度の一大イベントの夕張メロンの初セリはかなりヒートアップします。
たったの10秒位で終ってしまいますが最近では2玉で200万円にまでなるようになって非常に面白いです。

札幌市中央卸売市場‐札幌市
札幌市中央卸売市場‐札幌市
<札幌市中央卸売市場‐場外市場>

中央卸売市場に隣接されている場外市場ではセリで落とされた新鮮な海産物や野菜などを購入することができます。
現在約80店舗が軒をつらねており、毎朝新鮮な海の幸・山の幸が入荷するため、札幌市民はもとより観光客にも大人気です。
更には小売の魚屋や飲食店関係者が商品を仕入れにやってくる市場だけに素材の良さ、鮮度は申し分なく、是非!北海道のお土産選びに立ち寄りたい場所です。
威勢のいい声を聞き、試食しながらの買い物も旅の醍醐味ではないでしょうか。


その他にも中央卸売市場の周辺には新鮮な海の幸を使った海鮮丼やお寿司を食べられるお店も多くあり市場だけではなくその回りにあるお店でも大変楽しんでいただけます。
セリを見学するには前もって市場の管理センターに人数等の予約が必要になります。
また市場内はカメラのフラッシュが禁止だったりモートラと呼ばれる荷物を運ぶための乗り物が走っている為見学する際には注意して見てください。

北海道観光スポット

石狩観光スポット


スポンサーリンク

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.