みるくる北海道観光は北海道札幌市の進風が運営する北海道観光サイトです。自然豊かな北海道が満載のみるくる北海道観光を観光の際にご活用ください

エドウィン・ダン記念館‐札幌市

エドウィン・ダン記念館‐札幌市

明治時代に牧畜振興のために来札し、北海道酪農の父と呼ばれたエドウィン・ダンの異形と生活の様子や開拓の記録が展示されているのが「エドウィン・ダン記念館」です。
記念館が立つエドウィン・ダン公園は。
彼が1号牧舎を開いた場所でもあり、北海道酪農にとってとても意義深い場所になっています。
北海道の酪農の原点があります。

  • 定休日/夏期(4月1日~11月3日)水曜日 冬期(11月4日~3月31日)月曜日~木曜日
  • 営業時間/9:30~16:30
  • 住所/札幌市南区真駒内泉町(真駒内中央公園内)
  • 電話番号/011-581-5064


地域情報
石狩支庁(いしかりしちょう)は、北海道西部に位置する6市1町1村を管轄する支庁。
人口密度は約655人/平方kmと国内8位を誇る兵庫県並み。
支庁所在地は札幌市で、北海道庁の本庁舎の別館にある。
管内南部に支笏洞爺国立公園、北部に暑寒別天売焼尻国定公園、江別市に道立自然公園野幌森林公園がある。
面積/3,539.86km2
人口/2,307,930人
世帯/1,088,751世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

札幌市中心部から車で30分ほど、真駒内中央公園内です


<エドウィン・ダン記念館‐エドウィン・ダンの偉業>

農業分野においては、1人で馬を使役し、ソリやプラオ、カルチベータなど洋式の大型農具を用いて農作業を行う技術を普及させたことが北海道における大規模農業の礎になったといわれる。
また、北海道の気候に適合した農作物の発見に努めた また真駒内牧牛場における水の安定供給のために建設を提案し、1879年に完成した真駒内用水は、のちに水田の灌漑用水としても利用され、周辺地域における稲作の定着に大きく貢献しました。

エドウィン・ダン記念館‐札幌市
エドウィン・ダン記念館‐札幌市
<エドウィン・ダン記念館‐館内 >

館内はいくつかの部屋があって色々な展示物が展示されています。
落ち着いた雰囲気の中にダンの偉業を書描いた絵画が32点や写真や遺作などがわかりやすく展示されています。
また、一木万三画寿三画伯が描いた40号油絵の「残雪」や札幌オリンピック前の札幌市の写真もあります。
テラスに行くと明治の洋風スタイル美しいテラス・ウエスタンメロディーと共にゆったりとした公園の景色も楽しめます。


他にもエドウィン・ダン記念公園があり、公園の中央にはエドウィン・ダン像が立っていて公園内には子供が遊べる遊具などもあります。
真駒内放牛場もあり。
ダンはここを畜産技術改良のための拠点とし、牛、豚、馬を飼育、100ヘクタールの飼料畑を整備し、バター・チーズ・練乳の製造およびハム・ソ−セージの加工技術を指導していました。
1886年に北海道庁が管轄する真駒内種蓄場となった後も、北海道における畜産技術研究の拠点となっています。
ぜひ、一度足を運んでみてください。

北海道観光スポット

石狩観光スポット


スポンサーリンク

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.