みるくる北海道観光は北海道札幌市の進風が運営する北海道観光サイトです。自然豊かな北海道が満載のみるくる北海道観光を観光の際にご活用ください

豊平館‐札幌市

豊平館‐札幌市

1880年、今の大通に面する位置に高級西洋ホテルとして開拓使が建造した。
最初の利用者は明治天皇で、以後要人の宿泊、祝賀会、各種大会に用いられた。
後に公会堂となり、第二次世界大戦中に日本軍、戦後にアメリカ軍に接収された。
1958年に中島公園に移設され、以後は市営の結婚式場として利用されている。
国の重要文化財。

  • 定休日/毎月第2火曜日(ただし6~10月は第2火曜日も開館)、年末年始
  • 営業時間/9時00分~17時00分
  • 住所/札幌市中央区中島公園1番20号
  • 電話番号/011-511-0985


地域情報
石狩支庁(いしかりしちょう)は、北海道西部に位置する6市1町1村を管轄する支庁。
人口密度は約655人/平方kmと国内8位を誇る兵庫県並み。
支庁所在地は札幌市で、北海道庁の本庁舎の別館にある。
管内南部に支笏洞爺国立公園、北部に暑寒別天売焼尻国定公園、江別市に道立自然公園野幌森林公園がある。
面積/3,539.86km2
人口/2,307,930人
世帯/1,088,751世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

地下鉄南北線「中島公園」駅下車、中島公園内です


<豊平館‐館内>

豊平館は洋式のホテルとして明治13年に建てられました。
当時では珍しい青い色でふち取られていました。
豊平館の中の各部屋には、豪華なシャンデリアがあり、そのシャンデリアの下がっている天井にはメダリオンと呼ばれている丸い天井飾りがあります。
部屋によって飾りの模様が違います。
また、今はあまり見られなくなった暖炉があります。
と思いきや、大理石に似せた漆喰だったのです。
もちろん手作りで作った人の技術の高さがうかがわれます。

豊平館‐札幌市
豊平館‐札幌市
<豊平館‐結婚式&レストラン>

長い歴史がある豊平館では現在は結婚式に使われることもあり国の重要文化財の中では唯一結婚式会場に使われている所です。
明治の舞台での結婚式はとても貴重な体験も出来いい思い出になるでしょう。
結婚式だけではなくパーティー会場にも使われることもあり人気の場所になっています。
豊平館の中にはレストランもあり完全個室の完全予約制になっていて人気が高くなかなか予約が取れませんが北海道の新鮮で旬の食材を使った料理はどれも絶品です。


歴史ある豊平館は中島公園の中にあります。
中島公園も札幌市内では有名な公園の一つです。
最近豊平館で結婚式を上げる方が多くなっていてやはり、人気の一つに美味しい料理と他のホテルでは感じることの出来ない独特の雰囲気の中での結婚式は印象強く心に残るはずです。
現代とは違う装備品の数々にも目を奪われてしまします。
大正天皇が使用した椅子など歴史的にも貴重なものが多くありますのでその歴史にも触れることができます。

北海道観光スポット

石狩観光スポット


スポンサーリンク

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.