みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

札幌市交通資料館‐札幌市

札幌市交通資料館‐札幌市

札幌市交通資料館は札幌市交通局の外郭団体である札幌市交通事業振興公社が運営する鉄道保存展示施設で、北海道札幌市南区にある南北線自衛隊前駅の南側高架下に設けられている。
屋外では過去に札幌市内では知っていた地下鉄、市電、バスの車輌の保存、展示がされています。
その他にも各乗車券や運転手の制服なども展示されてます。

  • 定休日/不定休
  • 営業時間/10:00~16:00
  • 住所/札幌市南区真駒内東町1丁目
  • 電話番号/011-251-0822

地域情報
石狩支庁(いしかりしちょう)は、北海道西部に位置する6市1町1村を管轄する支庁。
人口密度は約655人/平方kmと国内8位を誇る兵庫県並み。
支庁所在地は札幌市で、北海道庁の本庁舎の別館にある。
管内南部に支笏洞爺国立公園、北部に暑寒別天売焼尻国定公園、江別市に道立自然公園野幌森林公園がある。
面積/3,539.86km2
人口/2,307,930人
世帯/1,088,751世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

地下鉄南北線「自衛隊前」駅よりすぐです


<札幌市交通資料館‐展示品>

ここに展示されている車輌で最も古いのが1949年の日本製の車輌でそれを筆頭に各年代に活躍していたバスや除雪や市電などが展示されています。
近年、札幌市内の地下を走っている地下鉄も展示されていて最初の地下鉄を見ることもできます。
昔懐かしい凡ネット型バス・リヤエンジンバス・マイクロバスなんかはお父さんやお母さんにとっては本当に懐かしく感じられると思います。
また藻岩山のロープーウェーのゴンドラなんかも展示されています。

札幌市交通資料館‐札幌市
札幌市交通資料館‐札幌市
<札幌市交通資料館‐館内 >

館内に入ると室内展示室があり、ここには地下鉄や市電、バス、電車の各乗車券や昔の運転手の制服やバッチなど歴史を感じるものが数多く展示してあります。
各駅のプレート、時刻表もあり、乗り物ファンにはたまらない場所になっています。
電車のプラレールもあり、大人達だけではなく昔を知らない子供たちでも気軽に楽しめる物になっています。
路線変更図や未来図なんかも展示されているのでこれからのことも知ってもらえます。


最近では路線廃止や乗車人数の減少で市電やバス、電車がなくなってきています。
現在頻繁に使われているのは正直、地下鉄ぐらいじゃないかな?っておもいます。
ここに来てもらえると、昔の時代風景やどんなに必要だったかを再認識していただけるんじゃないかな?と思います。
ここで昔の歴史やこれからどんな風に変わって行くのかを見ていただいたら、たまにバスにでも乗ろうかなという気持ちになっていただけると思います。
ぜひ一度来て見てください。

北海道観光スポット

石狩観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.