みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

すすきの‐札幌市

すすきの‐札幌市

すすきのは、北日本最大の繁華街で、ネオンは朝まで消えないほどにぎわっています。
歌舞伎町(東京都新宿区)、すすきの、中洲(福岡市)を称して日本3大歓楽街と呼ばれる事もあります。
すすきのという地名が示す地域の範囲は曖昧ですが、すすきの観光協会では、南北は南4条の都通から南6条の間、東西は西2丁目から西6丁目の間と定めています。

  • 定休日/なし
  • 営業時間/なし
  • 住所/札幌市中央区薄野
  • 電話番号/011-518-2005

地域情報
日本最北の政令指定都市で、全国5番目の人口を有する北海道の政治・経済の中心的都市。
北海道庁所在地。
19世紀まではアイヌ民族の住む土地であったが、明治時代に置かれた北海道開拓使によって、京都あるいは、アメリカ合衆国のタウンシップ制をモデルとした碁盤目状の計画都市として開発された。
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道36号線すぐ側です。


<すすきの‐概要>

すすきのの特徴は、その店舗の数も多いですが、高層化したビルの群の中で立体的に広がった状態にもあります。
ひとつのビルの中に飲食店もあれば風俗営業店もあり、隣にはホテルや関連施設があったりとおよそ考えられる業種がすべてひしめきあっています。
夜は、夢の町として綺麗なネオンが輝き、眠らない町として、人々を楽しませてくれます。
ちなみに、飲食店数は、4500店舗・夜の人口は約8万人といわれています。

すすきの‐札幌市
すすきの‐札幌市
<すすきの‐名前と由来>

東京以北最大の歓楽街として、世界的に有名なナイトスポットの由来は諸説ある。
周辺にススキが生い茂っていたから、という説が広く知られているが、他にも当時の開拓判官であった岩村通俊が遊郭建設に携わった開拓監事の薄井龍之の名をとって命名した説などがあります。
始まりは、1871年、北海道開拓使が現在の南4・5条、西3・4丁目の区画を遊廓地帯に指定した事が歓楽街の始まりとなっています。


■すすきの祭り−イベントとして、毎年多くの人が訪れています。
祭りのメインとなっている「花魁道中」では、カツラ、衣装、下駄など、すべて合わせると花魁の衣装は28キロにもなります。
なお、花魁道中は、豊川稲荷前をスタートし、南5条までの通りを約1時間30分にわたって練り歩きます。
夏のススキノ最大の見所は、ススキの祭り以外にも、YOSAKOIソーラン踊りなど様々な催しが行われます。
すすきのはしご酒大会−約5000人がネオン街ではしご酒に挑戦します。


■ススキノでの飲み屋さんの名称

▽高級クラブ・クラブ
一般的にはママが居て、料金が時間制では無く、ボトルキープが基本の店となっています。
近年はニュークラブと中間形態の店も増えています。


▽ニュークラブ
すすきの以外ではキャバクラと同様の業態です「キャバクラ」という語がセクシーパブを指す札幌・ススキノで、脱がない店を指すために作られた言葉となっています。
札幌以外に北海道各地(苫小牧・旭川など)をはじめ、青森など北東北の一部で用いられる言葉となっています。
クラブに対して、安めの料金設定の店で、特にキャンパスクラブとの差別化のために、店名の頭に「New Club」をつけている高級感のあるニュークラブも、とても多いです。


▽ラウンジ
すすきのにおけるニュークラブと同様の業態ですが。
「キャバクラ」という語がセクシーパブを指す九州の一部地域(主に北九州市など)において、女性が脱がない店を指しています。
ラウンジの特徴としては、ニュークラブよりも高級感があり割高となっています。


▽キャバクラ
ススキノ以外では、セクシーパブ・ランジェリーパブなどといわれていますが、ススキノでの名称はキャバクラという名称で言われています。
客が女性の胸を触る・揉むなどの行為が許されている。
服を脱がせるといったセクシーサービスを行う店もある。
女性のセクシーサービスは、客の上に対面で乗り、キスやボディタッチをさせる行為が主である。
但し、性風俗店とは異なり、本番行為はありません。
ススキノ以外での同義語として、セクシーキャバクラ(通称セクキャバ)、お触りキャバクラ、おっぱいパブ、ハッスルパブ、類似店舗としてランジェリーパブがある。
キャバクラ雑誌上ではセクシー系、エクストリーム系、エンターテインメント系などと表記される。


▽ガールズバー
ススキノで近年増えてきているお店として、バーテンダーが女性中心で、カウンター越しに女性バーテンダーと会話を楽しむことができる特徴があります。
料金的には、ショットバーに近い低価格で、気軽に立ち寄れる感覚が人気の秘訣となっています。
店員は、20歳代前半が多いです。
※法規制‐深夜(午前0時以降日の出まで)にわたって合法的に営業を行うため、一般的には風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)における「深夜酒類提供飲食店」として届け出て営業していることが多いです。
このため、風俗営業許可店である高級クラブやキャバクラのように、女性バーテンダーが客の横に一緒に座り(はべり)接客すること(法的には「接待」にあたる)は認められていません。


▽パブ・スナック
ススキノでは「スナック」や「パブ」と略して名乗る飲食店が多いです。
同じ「スナック」や「バー」を名乗る店でも、それぞれの店により様々な形態があり、特に定まった形態は無いが女性がカウンター越しに接客するところが特徴となっています。
また男性がカウンター越しに接客する店は「ボーイズバー」と呼ばれ、深夜まで営業している店が多いです。
店の責任者は女性であることが多く、その女性は「ママ」と呼ばれています。

※ススキノでは、ホステスがいて比較的安価に飲んだりカラオケのできる店をパブあるいはスナックと称していることが多いですが、軽食と酒類の提供を主にしているところをスナックと呼び、女性による接待を主にしているところをパブと呼ぶとする人もいるが厳密な定義は特にありません。

北海道観光スポット

石狩観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.