みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

岩見沢郷土科学館‐岩見沢市

岩見沢郷土科学館‐岩見沢市

岩見沢郷土科学館は、郷土資料展示室とプラネタリウムをあわせもつ施設です。
展示は郷土の生活文化遺産を中心とした収蔵展示や水・雪・米 を主要テーマとした常設展示のほか、特別企画展も行っている。
プラネタリウム室では、直径12mのスクリーンで天体・宇 宙の世界を楽しむことができます。
また、科学の不思議を実体験する「おもしろ科学体験コーナー」もあります。

  • 定休日/月曜日・年末年始
  • 営業時間/午前9時30分~午後5時 (火曜日 午後1時30分~午後5時)
  • 住所/北海道岩見沢市志文町809番地1
  • 電話番号/0126-23-7170

地域情報
空知支庁(そらちしちょう)は、北海道の中央部よりやや西方に位置し、東西約70km、南北約180kmに及ぶ広大な内陸地帯で、中央を石狩川が縦走し、南西部にかけて豊かな石狩平野が広がっています。
総面積は、約6,558km2で、全道面積の約7.9%を占め、ほぼ島根県に匹敵し、東京都の約3倍の広さになります。
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

岩見沢駅より5kmほど。
いわみざわ公園内です


<岩見沢郷土科学館‐雷管石>

昭和43年6月に岩見沢市奈良町で発見された。
重量60kg・長さ80cm・径30cmある。
雷管石とは雷が落ちて一瞬のうちに岩石や土壌が溶け出しガラス化したものです。
形は木の根のようですが木の根が変化したのではない。
アフリカのサハラ砂漠ややアメリカの大西洋沿岸では発見されているが日本では昭和43年6月岩見沢で発見されたカミナリ石は、わが国で最初に発見されたものであり、日本最大の雷管石であることが証明されました。

岩見沢郷土科学館‐岩見沢市
岩見沢郷土科学館‐岩見沢市 <岩見沢郷土科学館‐プラネタリウム>

直径12メートルのドームスクリーンに星空を映し出し、星座絵や6200個の星々の動きを鮮明に再現します。
四季の星座とそれにまつわる物語を楽しく上映している座席数は100席用意してあり団体などで行っても大丈夫!!天井一面に映し出される星空には12星座の他にもオリオン座や天の川など数々の星座が映し出せれ子供だけではなく大人にも楽しんでいただける施設になっている!!また星にまつわるアニメも上映している為夏休みなどに子供やデートなどにオススメ!


常設展示室には岩見沢の歩みシアターや昔の遊びの広場見て・触れて楽しんで遊ぶ科学のコーナーなどがある。
休日は子供連れや若いカップルなどでにぎわっている。
平日でも市内の小学校の社会見学などでの見学者も多い!!中にある広場ではイスに座りながら庭に咲いている花やオブジェなどを静かに楽しんでもいいと思います。
若い人からお年寄りまで楽しめる岩見沢郷土科学館に一度訪れてみる価値はあります!!
【備考】
入館料は大人310円、高校生210円、小・中学生100円。
プラネタリウムを見るには別途大人210円、高校生150円、小・中学生100円かかります!!

北海道観光スポット

空知観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.