みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

オムサロ原生花園‐網走市

オムサロ原生花園‐紋別市

紋別市に夏が訪れると、北国の花が咲き乱れる素晴らしい場所が現れます。
それは、オムサロ原生花園です。
オムサロ原生花園は、紋別市街の北西約10キロ、渚滑川を挟んで砂丘地帯に約1キロに渡って続く海岸性原生植物の群落で昔からハマナスの群落地として知られています。
園内には遊歩道がついており誰でも気軽に散策する事が出来ます。

  • 定休日/12月30日~1月5日
  • 営業時間/10:00~18:00
  • 住所/北海道紋別市渚滑町川向86番地
  • 電話番号/0158-23-4231

地域情報
網走支庁(あばしりしちょう)は、北海道の北東部にあって、オホーツク海と280kmの海岸線で接しており、総面積は、10,690km2と全道面積の12.8%を占め、新潟県に匹敵する広さに約32万人が暮らしています。

面積/10,690km2
人口/324,849人
世帯/135,437世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道238号線すぐ側です。


<オムサロ原生花園‐げんせいかえんとは?>

原生花園(げんせいかえん)とは人為的な手を加えず、自然をそのままにした状態でも色鮮やかな花が咲く湿地帯や草原地帯のことです。
独特の植生が見られることで知られ、自然の花畑とも呼べる。
オホーツク海沿岸を始め、道東~道北に多く分布する。
オムサロ原生花園、小清水原生花園が全国的に有名になったことから、他の地区もイメージアップを図って、同様に名乗り始めたものが多い。

オムサロ原生花園‐網走市
オムサロ原生花園‐網走市
<オムサロ原生花園‐魅力>

小さなハス沼の際には、オムサロ、ネイチャー、ビューハウスがあり原生花園の案内と地元でとれた特産品の直売や休憩コーナーがあります。
また2階はオホーツク海やオムサロ原生花園の展望室になっています。
年末年始以外は開いていてフィッシャーマンにも人気がある。
別名を流氷岬とも言い、厳冬期は流氷がギシギシと音を立てて押し寄せ巨大な圧力で押され流氷山脈が出来る所として有名ですが最近は氷が少なくなったが流氷見物に訪れる人は多いです。


エゾスカシユリはオムサロ原生花園を代表する花です。
6月下旬から7月下旬にかけて咲く花はとても鮮やかなオレンジ色。
その色はオホーツク海沿岸に短くも美しい夏の到来を伝えます。
花は上を向いて咲き、よく見ると花びらの付け根にすき間があり、下が透けて見えることからエゾスカシユリと呼ばれるようになったといわれます。
バラ科のハマナスは花の時期が長く、6月中旬から8月上旬まで見られる。
花は濃いピンク色。
花が終わった後も赤い実をつけ、しばらくの間はオムサロ原生花園に彩を残す。
冬、雪の中にポツンと残っている赤い実が見られる場合もあります。

北海道観光スポット

網走観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.