みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

ワッカ原生花園‐北見市

ワッカ原生花園‐北見市

ワッカ原生花園とは、北海道遺産の一つで、北海道サロマ湖のオホーツク海側の砂嘴にあり、色々な植物が見られる原生花園です。
「ワッカ」とはアイヌ語で「真水」のことをいい、砂州の中央、緑濃い国有林の中に真水が湧き出す場所があり「ワッカ花の聖水」と名づけられ、原生花園のまさしくシンボルとなっています。

  • 定休日/なし
  • 営業時間/なし
  • 住所/北海道北見市常呂町栄浦
  • 電話番号/0152-54-3434

地域情報
網走支庁(あばしりしちょう)は、北海道の北東部にあって、オホーツク海と280kmの海岸線で接しており、総面積は、10,690km2と全道面積の12.8%を占め、新潟県に匹敵する広さに約32万人が暮らしています。

面積/10,690km2
人口/324,849人
世帯/135,437世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道442号線すぐ側です。


<ワッカ原生花園‐概要>

オホーツク海とサロマ湖に挟まれた砂州に、幅200~700m、長さ20kmにわたって続く海浜草原で、面積は約700ヘクタールに及び、国内最大規模の原生花園です。
その一帯に、森林や草原、砂丘、さらには湿地などが混在し帰化植物を含め300種類を超える草花が確認されています。
散策路は「龍宮街道」と呼ばれているが、これは明治の文豪大町桂月が、ワッカの自然を「天橋立の比にあらず」と讃え、「龍宮街道」と名付けたことに由来しています。

ワッカ原生花園‐北見市
ワッカ原生花園‐北見市
<ワッカ原生花園‐景色>

地元での保護の取り組みが充実していて、ワッカネイチャーセンターから先の道路は、一般車両乗り入れ禁止となっており、ワッカネイチャーセンターから観光馬車に乗ったり、レンタサイクルでサイクリングしたりして園内をまわります。
特に、6月から9月にかけて、花の見頃の季節は、サイクリングがおすすめです!「花の聖水・ワッカの水」までは5kmほど、途中砂浜にも出られて休憩できますよ。
お花畑の中を自転車でさっそうと走ってみてください。


ワッカ原生花園では、季節の変化に合わせて様々な花が咲きます。
春の色は黄色。
5月下旬になると、センダイハギやエゾタンポポが一面に鮮やかな黄色に染め上げます。
夏は花々も情熱色に変わり、エゾスカシユリがオレンジ色に輝き、ハマナスが真紅の大きな花びらで咲き乱れます。
秋の気配が忍び寄る頃には、クルマユリ、コガネギクなどが可憐に咲いており、春から秋の終わりまで、たくさんの花々が訪れる人を楽しませています。
ワッカ自然環境保全宣言と言われる自然保護のために町道を廃止したことは全国的にも注目され、常呂方式として有名になりました。
さらに常呂町では、平成10年6月、かけがえのないワッカの自然を守り、末永く後世に伝えていくことを誓い、住民の総意と誇りをもって「ワッカ自然環境保全宣言」を宣言しました。
最後にサロマ湖周辺は屈指の夕焼けスッポトなので、「この夕陽、持ち出し禁止です。
」という看板が立てられるほどの風景が見れるので、是非一度起こし下さい!

北海道観光スポット

網走観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.