みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

硫黄山‐弟子屈町

硫黄山‐弟子屈町

硫黄山は、アイヌ語でアトサヌプリ(裸の山)と言われます。
阿寒国立公園内にある「硫黄山」は、摩周湖温泉からクルマで約20分の所にあります。
お車でおこしの場合、駐車場料金は摩周湖第一展望台とセットです。
丁度摩周湖第一展望台・第三展望台の峠から降りてきて、川湯温泉街へ入る途中のところにあります。

  • 定休日/なし
  • 営業時間/年中無休
  • 住所/川上郡弟子屈町
  • 電話番号/01548-2-2200

地域情報
釧路支庁(くしろしちょう)は、北海道東部、太平洋側に位置。
北部は山岳地帯、南部は釧路湿原などの湿原・平野が広がり、太平洋に接する。
気候は夏季は霧(じり)が発生する影響も有り気温が上がりにくい。
冬季は比較的降雪量も少なく、晴天が多い。

面積/5,997.34km2
人口/267,961人
世帯/121,019世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道391号線すぐ側です。


<硫黄山‐弟子屈町の観光名所>

弟子屈町で摩周湖の次ぐ観光名所といえば、硫黄の独特な匂いと高山植物が低地に生えている変わった景色を楽しめる硫黄山でしょう。
川湯温泉から約3キロに位置する硫黄山は、現在でも硫黄の噴煙がゴウゴウと音を立ててあちこちから立ち上っており、その姿はまさに地球の鼓動を感じるという表現がふさわしい印象を受けます。
また、硫黄山は現在、落石の危険性があることから登山者の安全を考慮して立ち入り禁止となっています。

硫黄山‐弟子屈町
硫黄山‐弟子屈町
<硫黄山‐硫黄山のつつじは、夢の散歩道>

硫黄山山麓は、広大な白エゾイソツツジの群生地、つつじケ原が広がっています。
このつつじケ原には白エゾイソツツジだけでなく、ガンコウランやハイマツなどの高山植物でびっしり。
ポイントは川湯温泉から硫黄山へ続く道、アカエゾマツやシラカバの林からスタートして、林を通り抜けると白エゾイソツツジやハイマツなどの高山植物の大群生へと景色は一変します。
四季おりおりの装いを見せるつつじケ原、硫黄山をバックに撮る写真は思い出になりますよ。


■名物 硫黄山のゆで玉子硫黄山は現在、活発な火山活動をしています。
硫黄と水蒸気が噴出する噴出口に玉子を置いておくだけで、アッという間にゆで玉子ができます。
噴気熱を利用しての ゆで玉子は、独特のにおいがして、北海道での「食」の思いでになるでしょう。
ゆで玉子を売ってくれる、おじさんやおばさんとの会話も楽しい旅の思い出になることでしょう。
良く晴れた天気の良い夏の日中は、硫黄山の地熱も加わり、この付近の気温は30度を超すことがしばしばあります。
そういうときは、硫黄山レストハウスのソフトクリームがお勧めで~す!■硫黄山はいたる所から勢いよく噴気をあげています。
熱気とにおいに耐えられるかたは、すぐ近くまで行くことができます。
とっても、熱気とにおいがすごいです。
体の弱いかたは絶対に近づかない方がいいですよ!■硫黄山で、かつて大規模な硫黄の採鉱が行われていたことを知っていますか。
アイヌの人たちが焚き付けとして使用していたものを、明治5年頃に釧路の漁場持、佐野孫右エ門が採鉱に乗りだしたことが発端とされています。
大量採鉱、大量輸送によって硫黄資源はたちまち枯渇してしまい、明治29年に採鉱を休止、華々しく登場した鉄道も幻のように消えてしまいました。
現在、当時をしのぶものは硫黄山レストハウス裏の青葉トンネルと呼ばれる遊歩道くらいしかなくなってしまいましたが、弟子屈町の発展に大きな功績を残した山でもあります。
■アクセス−交通 川湯温泉より道道52号 約2km 所要時間約5分

北海道観光スポット

釧路観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.