みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

釧路市動物園‐釧路市

釧路市動物園‐釧路市

1975年に開園した国内最東端の動物園です。
敷地面積47・8haのゆったりとした動物園です。
北海道に生息している国の特別天然記念物のタンチョウや日本の動物園でココにしかいないという天然記念物のシマフクロウなどが見られる『釧路市動物園』。
通常は午後4時30分までの開園ですが、年に1度、夜間開園も行っています。

  • 定休日/12月・1月・2月の毎週水曜日、年末年始
  • 営業時間/9:30~16:30
  • 住所/北海道釧路市阿寒町ニニシベツ11
  • 電話番号/0154-56-2525

地域情報
釧路支庁(くしろしちょう)は、北海道東部、太平洋側に位置。
北部は山岳地帯、南部は釧路湿原などの湿原・平野が広がり、太平洋に接する。
気候は夏季は霧(じり)が発生する影響も有り気温が上がりにくい。
冬季は比較的降雪量も少なく、晴天が多い。

面積/5,997.34km2
人口/267,961人
世帯/121,019世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道666号線すぐ側です。


<釧路市動物園‐天然記念物のシマフクロウ>

世界にはおよそ170種類、日本には12種類のフクロウの仲間が生息しています。
そのなかで体長70cm以上、翼を広げた大きさが180cmにも成長するシマフクロウは日本では北海道にしか生息せず、絶滅の危機にある世界最大級のフクロウです。
アイヌ語でシマフクロウは「コタンコロカムイ(集落の守り神)」。
北海道に先住してきたアイヌ民族の人々はシマフクロウを動物神の最高位に置き、集落の守護神としてあがめていました。

釧路市動物園‐釧路市
釧路市動物園‐釧路市
<釧路市動物園‐日本最高齢のホッキョクグマ>

その名は釧路動物園のコロ。
すでに30歳を越えているため、とてもおっとりしていて、動作もゆっくり。
コロの周りの時間がすべてゆっくり感じられます。
今まで、たくさんの子どもを育てた優しいお母さんの優しい表情をしています。
時々顔を洗ってる仕草なんかは、みんなから可愛い!!と声がかかります。
コロは一番寒い動物園に住んでいます。
その環境が日本最高齢となることができたのかも知れませんね。


☆入園料・・一 般(当日券)500円 中学生以下は入園無料です。
団体 400円当日券入園者15名以上の団体の一人分
入園パスポート 800円 発効日から1年間何回でも入園できます。
(他にもパスポートなどあります)
☆貸し出し 車いす 正門に6台、西門1台ご用意しています。
ベビーカー  200円(貸出時に300円をお預かりし、返却時に100円をお返しします。)
☆注意事項 犬や猫などのペットを連れての入園はできません(盲導犬・介助犬は除く)
・園内に次の物を持ち込むことはできません。
・ボール・バット類・捕虫網・園内でのボール遊びはできません。
・園内でのキックボード、ローラーシューズ等の使用はご遠慮ください。
・その他園内での危険防止、安全確保のためご協力ください。
☆ 交通アクセス 阿寒バス JR釧網本線釧路駅前から70番、77番、88番で約55分、釧路市動物園下車です。
☆駐車場 有/300台/無料

北海道観光スポット

釧路観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.