みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

函館美術館‐函館市

函館美術館‐函館市

北海道立函館美術館は、函館および道南地域における美術文化センターとして1986年9月に開館しました。
以来、「道南の美術」「東洋美術と書」「文字記号に関わる現代美術」を中心とする近代以降のすぐれた作品を収集する一方、さまざまな時代、分野にわたる企画展を開催し、講演会や、講座をはじめとする多彩な教育普及活動を展開しています。

  • 定休日/月曜日  祝日と重なる場合は開館
  • 営業時間/9:30~17:00 入場は16:30まで
  • 住所/北海道函館市五稜郭町37-6
  • 電話番号/0138-56-6311

地域情報
渡島支庁(おしましちょう)は、平成16年12月1日の函館市と近隣の戸井町、恵山町、椴法華村、南茅部町との合併を始めとして、平成17年4月1日に森町と砂原町が、10月1日に支庁越えとなる八雲町と熊石町(檜山支庁管内)が、さらに平成18年2月1日には上磯町と大野町が合併し道内35番目の市となる函館市が誕生し、管内は2市9町となっています。
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

五稜郭公園のすぐ側です。


<函館美術館‐料金>

函館美術館が持っている美術品(絵やガラスなどの工芸品)を展示するほか、道外や外国の美術館から借りてきた美術品を展示しています。
展覧会は、1、2か月で内容が変わりますので、年間を通じていろいろなものを見ることができますよ。
ミュージアム・コレクション観覧料個人
 一般、170円(140円)  高大生 100円(70円)
 ・中学生以下無料。
 ・( )内は10人以上の団体料金 特別観覧料展覧会によって異なります。

函館美術館‐函館市
函館美術館‐函館市
<函館美術館‐特別展>

【特別展等】(他の美術館などから借りた美術品。)
特別展では、当館の活動方針にもとづき、道南ゆかりの作家の展覧会、書の展覧会を毎年実施しています。
また、広く国内、海外に視野を向けた展覧会や、各道立美術館との提携による巡回展、コレクション展なども企画・開催しています。
【常設展(ミュージアムコレクション)】(函館美術館が持っている美術品。)
道南の美術および現代の美術を展示する常設展示室及び書家・金子鴎亭のコレクションを紹介する鴎亭記念室では、年4回の展示替を行い、当館の所蔵品をさまざまな角度から紹介します。


交通・アクセス市電「函館駅前」から湯の川方面行乗車「五稜郭公園前」下車 徒歩7分 バス 「函館駅前」から函館バス105系統 もしくは106系統乗車 「五稜郭公園入口」下車 徒歩3分 タクシー  JR函館駅より 約10分  函館空港より 約20分 ※当館ご利用の方は駐車場料金が2時間まで無料になります。

【備考】
◆教育・普及事業美術講演会、特別展セミナーをはじめ、美術鑑賞講座、美術映画会、ワークショップ、ミュージアム・シアター、ミュージアム・コンサートなど、多彩に行っています。
●美術講演会美術史や作品成立の背景について、各展覧会ごとに、専門家を招いて講演会を開催します。
●特別展セミナー開催中の特別展の見どころや要点、その背景などについて当館学芸員がスライドを用いてわかりやすく解説します。
●美術映画会年間を通して随時上映します。
●ミュージアム・シアター映画史上の名作や話題作を上映します。
●ミュージアム・コンサート年に1回程度、さまざまな形式のコンサートを開催します。
●ワークショップ子どもたちを対象とした実技の講座です。

北海道観光スポット

渡島観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.