みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

函館市北方民族資料館‐函館市

函館市北方民族資料館‐函館市

北辺の風土にねざした北方民族は、伝統的な固有の文化を有しています。
世界的に数少ない北方民族資料にあって、函館博物館旧蔵資料や函館の地から輩出した人類学・考古学・民族学の権威である馬場脩氏・児玉作左衛門氏の収集した資料は、北方文化を物語る逸品として広く内外に知られています。

  • 定休日/年中無休 (12月31日~1月3日)館内整理のため、臨時休館することがあります。
  • 営業時間/午前9時~午後7時(4月~10月) 午前9時~午後5時(11月~3月)
  • 住所/北海道函館市末広町21-7
  • 電話番号/0138-22-4128

地域情報
渡島支庁(おしましちょう)は、平成16年12月1日の函館市と近隣の戸井町、恵山町、椴法華村、南茅部町との合併を始めとして、平成17年4月1日に森町と砂原町が、10月1日に支庁越えとなる八雲町と熊石町(檜山支庁管内)が、さらに平成18年2月1日には上磯町と大野町が合併し道内35番目の市となる函館市が誕生し、管内は2市9町となっています。
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

函館市電「末広町」停留所下車すぐです。


<函館市北方民族資料館‐概要>

収蔵されている資料は、明治12年から明治19年にかけて篤志家や開拓使によって収集され、世界に現存する数少ない資料です。
北方民族学研究の世界的な権威者馬場脩氏は、昭和10年前後、樺太・千島・北海道の各地を精力的に調査し、数多くの資料を収集しました。
これらの資料は、広く内外に「馬場コレクション」の名で知られ、特に、アイヌ民族資料は世界的に学術的に価値の高い資料として昭和34年、国の重要有形民俗文化財に指定されています。

函館市北方民族資料館‐函館市
函館市北方民族資料館‐函館市
<函館市北方民族資料館‐体験学習>

体験学習は、2ヶ所あり。
1つ目が、事前の予約をすれば、「ムックリ製作・演奏体験」ができる。
時間は、約90分で小学4年生以上1~20名程度。
内容は、アイヌ民族の伝統的な楽器として知られるムックリ(口琴)の製作・演奏体験を通しアイヌ文化に触れることができます。
参加料は、500円!!
2つ目が、「北方民族文様の切り紙細工体験」!!
時間は、15分程度で来館者の方ならどなたでもできます。
1~30名程度。
内容は、アイヌ民族やウィルタ民族の伝統的文様を切り紙で再現できます。
参加料は、無料です。


アクセス・市電「末広町停留所」下車徒歩1分・函館バス「公会堂前」下車徒歩3分・専用駐車場はありません。
(付近に有料の観光駐車場があります。)

料金
<一般>
 当館券 300円
 2館共通券 500円
 3館共通券 720円
 4館共通券 840円
<学生・生徒・児童>
 当館券 150円
 2館共通券 250円
 3館共通券 360円
 4館共通券 420円

北海道観光スポット

渡島観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.