みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

高龍寺‐函館市

高龍寺‐函館市

曹洞宗高龍寺 北海道最古のお寺でもあります。
また函館でも最も古い寺院として知られ、幾度か大火などのため建物を焼失しましたが、1900年(明治33年)に完成した本堂はケヤキ、ヒバ材で建てられ、1910年(明治43年)に完成した山門は総ケヤキ造りで、見事な彫刻が施されていて、東北以北最大の山門といわれています。

  • 定休日/年中無休
  • 営業時間/11:00~日没(土・日曜、祝日は10:00~)
  • 住所/函館市船見町21
  • 電話番号/0138-23-0631

地域情報
渡島支庁(おしましちょう)は、平成16年12月1日の函館市と近隣の戸井町、恵山町、椴法華村、南茅部町との合併を始めとして、平成17年4月1日に森町と砂原町が、10月1日に支庁越えとなる八雲町と熊石町(檜山支庁管内)が、さらに平成18年2月1日には上磯町と大野町が合併し道内35番目の市となる函館市が誕生し、管内は2市9町となっています。
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

函館漁港のすぐ側です。


<高龍寺‐歴史>

高龍寺は、寛永10年(1633年)松前町の曹洞宗法源寺の末寺として亀田村(現在の市内万代町近辺)に建てられました。
宝永3年(1706年)弁天町に移転後、幾度か大火などのため建物を焼失し、明治12年(1879年)現在の場所に移転しました。
明治43年(1910年)に完成した山門は総ケヤキ造りで、東北以北最大の山門といわれ、また、見事な彫刻が特徴です。
この彫刻は、いずれも当時の名工達の作で、明治時代末期の貴重な木造寺院でもあります。

高龍寺‐函館市
高龍寺‐函館市
<高龍寺‐箱館戦争>

明治2年(1869年)の箱館戦争のとき、野戦病院となったこの寺で斬殺された会津藩士を供養する「傷心惨目の碑」、墓地には勝海舟と親交があった渋田利右衛門や、日本最初に種痘を行った中川五郎治などの墓があります。
また、高龍寺には北海道指定有形文化財である「釈迦涅槃図」が保存されています。
高龍寺は箱館戦争、大火といった函館の激動の歴史とともに歩んだといえます。
大火などで大半の古文書記録などを失ってしまったものの、高龍寺という存在が貴重な資料だといえます。


函館にとどまらず北海道でも一番古いお寺の高龍寺は歴史的にも非常に貴重なお寺です。
歴史の街、函館でも大変人気な観光スポットです。
静かなお寺で古き良き日本の歴史を学んで心を癒すのもオススメです!!
そして、日本を変える為に戦い、命を落としていった武士の供養碑などもあるので、花を持ってきて供養に訪れる人も多いです。
ぜひ、函館の歴史を触れに一度訪れてください。

北海道観光スポット

渡島観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.