みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

旭川博物館‐旭川市

旭川博物館‐旭川市

旭川市博物館は、旭川市音楽堂、旭川市国際会議場とともに大雪クリスタルホールを構成している。
また、博物館には分館としてアイヌ文化の森伝承のコタンが上川郡鷹栖町字近文9線西4号設置されている。
当博物館は平成5(1993)年に開館。
世界的にも有数のアイヌ資料コレクションの一部が展示されています。

  • 定休日/毎月第2・第4月曜日,設備点検日等,年末年始(12月30日から1月4日まで)
  • 営業時間/9時~17時
  • 住所/北海道旭川市神楽3条7丁目旭川市大雪クリスタルホール内
  • 電話番号/0166-69-2004

地域情報
上川支庁(かみかわしちょう)は、北海道に14ある支庁のひとつ。
支庁所在地は旭川市。
管内は4市・17町・2村からなる。
隣接する留萌支庁・宗谷支庁との結びつきが強い。
面積/9,852km2
人口/535,456人
世帯/221,563世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

旭川駅より車で5分ほど、大雪クリスタルホール内の施設です


<旭川博物館‐入館料>

【一般料金】大人300円・高校生200円・中学生以下無料。
【団体料金】大人240円・高校生160円。
※小・中学生は個人、団体とも無料です。
【備考】1.「団体」とは、1団の観覧者が20人以上の場合に限る。
2.パスポートでは何度でも観覧でき、最初に観覧した日からその日が属する度の末日まで有効です。

旭川博物館‐旭川市
旭川博物館‐旭川市
<旭川博物館‐茶室>

昭和25(1950)年,旭川市で開催された「北海道開発大博覧会」のおり,岡田永斎の手により,今の5条通11丁目にあった旧市立図書館の敷地内に建てられました。
京都の裏千家淡淡斎宗匠が北海道の自然から「晴雪」(せいせつ)と名付けられました。
その後,常磐公園内に移築され,昭和43(1968)年,旭川市立旭川郷土博物館附属茶室となり4区1条1丁目現在の旭川市彫刻美術館の敷地内に再度移築されました。
平成4年(1992)年,郷土博物館の移転に伴い,神楽3条7丁目の大雪クリスタルホール敷地内に移築され現在に至っています。
茶室の周辺には,あづま屋があり,落ちついた環境のもとで野点をすることも可能となっており,市民の方々に利用されています。
※使用料がかかります。
※茶室・・・1回(1日)6820円


常設展示室は1階と地下階の2層構造になっています。
地下階では、これまでと同様,「北国の自然と人間のかかわり」をメインテーマとして自然系,人文系の資料を展示しています。
自然系は,上川盆地の生い立ち,旭川の自然,冬の自然,大雪山の自然の4つコーナーから構成され,人文系では,先土器時代のくらし,縄文・続縄文時代のくらし,擦文時代のくらし,ペニウンクルのくらし,開拓期のくらし,発展期のくらし,今日のくらしと時系列に沿った展示構成となっています。
1階展示室は、平成20年11月にリニューアルオープンしたばかりで、「北の自然と人々のくらしのうつりかわり」という基本コンセプトを発展継承しながら,アイヌ文化やそれにかかわる資料を豊富に展示しております。
最新の研究成果をもとにダイナミックな「アイヌの歴史」をわかりやすく紹介しています。
展示室全体を暗めに演出し,展示室に紗幕とよばれる半透明のカーテンを大規模に設置して展示室を仕切り,その印象を大きく変更しています。
順路には,何体もの人物模型を用いて当時の生活の一場面を再現して,臨場感を味わえるように工夫してあります。

北海道観光スポット

上川観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.