みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

旭山動物園もうじゅう館‐旭川市

旭山動物園もうじゅう館‐旭川市

旭山動物園もうじゅう館は、1998年9月から旭山動物園の一つの目玉になった「もうじゅう館」このもうじゅう館の特徴は、いろいろな角度から動物を見られるとゆうことです。ここで見られる動物は【ライオン、アムールトラ、ユキヒョウ、アムールヒョウ、クロヒョウ、ヒグマ】の6種類の猛獣で、いろいろな表情を観察して見て下さい。



<旭山動物園もうじゅう館‐百獣の王ライオン>

旭山動物園 - 旭川市

現在、旭山動物園で見られるライオンは、雄ライオンのライラと雌ライオンのレイラ。そして、ライラとレイラの子供のアキラが見られます。このアキラは、2006年10月20日に生まれたのですが、アキラもすくすくと育ち、立派な雄ライオンの仲間入りをしていますので、家族の団らんが見れなくなったことが、ちょっとさびしいですね。でも、もうじゅう館は、強化ガラス越しに間近でライオンを観る事が出来ますので、その迫力は圧巻です。


旭山動物園 - 旭川市 旭山動物園 - 旭川市 旭山動物園 - 旭川市

<旭山動物園もうじゅう館‐野生動物の王ヒグマ>

旭山動物園 - 旭川市

現在、旭山動物園で見られるヒグマは、雄のくまぞうと雌のとんこの、北海道で生まれ育った二頭のエゾヒグマです。雄のくまぞうは、檻の中の木に背中をすりつけて、マーキングするしぐさは、とても豪快で迫力抜群で野生動物の王と呼ばれる事も納得です。雌のとんこは、檻の中のプールに飛び込んだり、観客見ている強化ガラスに体当たりしたり、とっても愛嬌があり、観客を喜ばせるのがすごく上手です。日本にいる動物なので親近感が沸いてきます。


旭山動物園もうじゅう館にいるヒョウは、ユキヒョウ2頭【鼻の赤い雄のゴルビーと鼻の黒い雌のプリン】とアムールヒョウ【昔からいるビッグと2005年にビッグの孫であるといわれる広島の安佐動物園からやってきたアテネとキン】3頭とクロヒョウ1頭【オスのパック】の3種類のヒョウを、観る事が出来ます。ヒョウの檻は空中にせり出させている檻なので、ヒョウを真下から観察することが出来るのが、一つの見ものです。木登りが得意でその木を登るときの俊敏さは、まさに天下一品です。

北海道観光スポット

上川観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.