みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

旭山動物園 ワピチ‐旭川市

旭山動物園 ワピチ‐旭川市

枝分かれした角が特徴なトナカイ、ワピチ、エゾシカを飼育しています。これらの角は、毎年ぬけおちて、生えかわります。角が落ちたときの表情、伸びているときの表情、完成した角を持つ表情など、それぞれの時期で表情がまったく違います。そんな表情にも注目です!また、寒さに強い動物なので、旭川の冬でも屋外で展示しています。



旭山動物園 ワピチ‐エゾシカ

旭山動物園 - 旭川市

北海道にとっては身近な動物です。オスには立派な角があり、春には角が自然と落ちその後、すぐに新しい角が生えてきます。約半年で立派な角が完成します。角が落ちたときの表情は角があるときとはまた違った表情なので見どころです。また、夏毛は茶色の毛に白い斑点模様があり、冬毛はその白い斑点が消え、灰色がかった毛の色になります。その季節によって違うところも見どころです。


旭山動物園 ワピチ‐ワピチ

旭山動物園 - 旭川市

2007年現在は、メスの1頭のみ飼育しています。シカの仲間でとくに大型であるワピチは、押すだけに大きな角を持っています。大きなものでは、片方だけでも約2m近くにもなり、重さも数kgにもなります。ワピチが気性も荒く、野生ではオオカミや熊でもつので突き殺したり、蹴り殺したりすることもあります。現在はオスはいませんが、昔、旭山動物園で飼っていたオスの角も展示していますので、その大きさを実感してください。


他にもトナカイがいたのですが2008年の4月に死亡してしまい今現在はエゾシカとワピチしかいません。2008年の冬にはエゾシカも新しい施設に移動になるのでワピチだけになってしまいます。エゾシカは知床や道東などにはいますがワピチは見たことが無いと思います。一見シカに見えますがシカとは違い非常に気性が荒いので要注意です。角の展示物や生のワピチ、エゾシカなどの自然に動く姿をぜひ一度見てみてください。

北海道観光スポット

上川観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.