みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

アイヌ民族博物館(ポロトコタン)‐白老町

アイヌ民族博物館(ポロトコタン)‐白老町

北海道の白老町にあるアイヌ民族博物館は日本最大のアイヌ民族博物館として知られています。
敷地内にはアイヌ民族の文化を紹介する施設が幾つかあり、アイヌ民族の楽器「ムックリ」の演奏や、アイヌ民族を代表する古式舞踊「イオマンテリムセ」が常時公開されています。
北海道を代表する施設になっています。

  • 定休日/年末年始
  • 営業時間/AM8:45~PM5:00
  • 住所/白老郡白老町若草町2丁目3番4号
  • 電話番号/0144-82-3914

地域情報
胆振支庁(いぶりしちょう)は、北海道の支庁のひとつ。
高知・島根・秋田・岩手の四県よりも人口密度が高く、北海道内では石狩支庁に次いで二番目。
支庁所在地は、室蘭市。
胆振支庁は、北海道の中央南部にあって、東西152km、南北98kmの細長い地形をし、南部の約218kmは海岸線で太平洋に面しています。
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

近くに「ポロト公園」や「ポロト湖」などがあります。


<アイヌ民族博物館(ポロトコタン)‐博物館の概要>

野外博物館の造りを持つ園内には大きく近代ゾーンとコタンゾーンの2つに別れていて、コタンゾーンではかつてアイヌの住家であった「チセ」と呼ばれる物や、「プ」と呼ばれる食料庫、「チプ」と呼ばれる丸木舟を復元、展示してありアイヌ古式舞踊「イオマンテリムセ」の公開も常時行っております。
館内では、アイヌ民族資料や北方少数民族資料など約800点の物を常時展示公開しています。
またアイヌ伝統儀礼を実施しています。

アイヌ民族博物館(ポロトコタン)‐白老町
アイヌ民族博物館(ポロトコタン)‐白老町
<アイヌ民族博物館(ポロトコタン)‐体験学習>

アイヌ民族博物館では、アイヌ文化を単に見るだけでなく、実際に触れていただくために体験学習を行っています。
学習メニューも「ムックリ製作体験」「ムックリ演奏体験」「アイヌ文様刺繍体験」「古式舞踊体験」「伝統料理試食体験(10名様~)」などなど豊富です。
普段触れることのないアイヌ文化に御来館される際には是非体験してみては如何でしょうか?※体験学習についての詳細、お申し込みご希望の方は、完全予約制になっておりますのでお問い合わせになってから御来館してください。


【アイヌとは・・】アイヌとは「人間」を意味しています。
アイヌの人々は自分たちに役立つものであったり自分たちの及ばないものを神(カムイ)とみなし日々の生活のなかで祈りを捧げさまざまな儀礼を行いました。
神々には、火や水、風、雷といった自然神、クマ、キツネ、シマフクロウ、シャチといった動物神、トリカブト、キノコ、ヨモギといった植物神、舟、鍋といった物神、さらに家を守る神、山の神、湖の神などがあり、そういった神に対して人間のことを「アイヌ」と呼ぶのです。

北海道観光スポット

胆振観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.