みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

閻魔堂‐登別市

閻魔堂‐登別市

登別温泉のメインストリート・極楽通りに閻魔様がいて、ふだんはやわらかい表情ですけれど、1日に6回ある「地獄の審判」の時間になると怒った表情に変わります。
このカラクリ仕掛けの審判が、受けてみると結構面白いです。
8月の地獄祭りのときにはお堂から出てくるらしく、これも必見!
冬期の審判は1日5回あります。

  • 定休日/悪天候時閉鎖
  • 営業時間/9時~22時
  • 住所/北海道登別市登別温泉町
  • 電話番号/0143-85-2111

地域情報
胆振支庁(いぶりしちょう)は、北海道の支庁のひとつ。
高知・島根・秋田・岩手の四県よりも人口密度が高く、北海道内では石狩支庁に次いで二番目。
支庁所在地は、室蘭市。
胆振支庁は、北海道の中央南部にあって、東西152km、南北98kmの細長い地形をし、南部の約218kmは海岸線で太平洋に面しています。
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道350号線すぐ側です。


<閻魔堂‐詳細>

時間になると、閻魔様の顔が動きだします。
なんだか音がでるのでわかると思いますよ!
時間帯は、夏季は、10:00、13:00、15:00、17:00、20:00、21:00で、冬季は、10:00、13:00、15:00、17:00、20:00になっております。
地獄まつりの時には閻魔堂からでて、町をあるくみたいですよ。
時間になるとカッと目を見開いて怒り出す「地獄の審判」は必見です。
是非一度見る価値はありますよ!

閻魔堂‐登別市
閻魔堂‐登別市
<閻魔堂‐鬼>

北海道の登別の中心街では、たくさんの「鬼」にまつわる置物やエピソードなどがたくさんあります。
高速道路をおりたところにある、赤鬼の像もとてもインパクトがあり有名です。
この鬼の像は観光ガイドブックの”登別”の紹介のトップ写真になるなど、登別のシンボルとなっております。
登別地獄谷の駐車場には、江戸時代から伝わるという、「念仏鬼像」を祀った“鬼祠”があります。


「念仏鬼像」を祀った“鬼祠”は、小さな祠でして、その脇にある「赤鬼」、「青鬼」の像の方がとても大きくみえます。
赤鬼の身長3.5m、青鬼の身長2.2mもあり、とてもインパクトがあります。
祠に納められた「念仏鬼像」は、江戸時代から伝わる由緒正しき像だそうですが、横の鬼に比べ、とても小さい鬼になります。
登別の街には、たくさんのスポットがあり、街の入り口には、”極楽通”の標識の金棒があったり、鬼の石造があり“湯かけ鬼像”と言う可愛らしい像がたくさんあります。
北海道登別は鬼が派手に暴れまくっている全国の鬼マニアにはたまらない温泉街です!
是非一度起こしください!!

北海道観光スポット

胆振観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.