みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

増毛町総合交流促進施設 元陣屋‐増毛町

増毛町総合交流促進施設 元陣屋‐増毛町

平成8年に増毛町が建設した文化交流施設「元陣屋」は郷土資料室、図書室、会議室や多目的ギャラリーなどを備え、町内外の方々に生涯学習・文化発信の場を提供しています。
また、郷土資料室では、幕末に秋田藩によって元陣屋が築かれ北方警備の拠点として機能した増毛町の歴史を学ぶことができます。

  • 定休日/月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 営業時間/10:00~18:00
  • 住所/北海道増毛郡増毛町永寿町4丁目49番地
  • 電話番号/0164-53-3522

地域情報
留萌管内は北海道の北西部に位置しており、南北155km東西67kmの南北に長い地域です。
北はサロベツ原野をはさんで宗谷支庁に、南は増毛山地をはさんで石狩支庁に、東は天塩山地をはさんで上川支庁、空知支庁に接しています。

面積/4,019.91km2
人口/61,631人
世帯/28,071世帯

アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道301号線すぐ近くです。


<増毛町総合交流促進施設 元陣屋‐「元陣屋」とは?>

安政2年・1855年に、秋田藩が増毛での北方警備を命じられ、翌年侍の詰め所として元陣屋が建てられました。
元陣屋の「元」は拠点という意味で現在の増毛町の永寿町一帯が元陣屋の跡地になっています。
秋田藩はあしかけ12年間、増毛の元陣屋を中心として警備と開拓を行いました。
総合交流促進施設「元陣屋」の郷土資料室では秋田藩によって元陣屋が築かれ北方警備の拠点として機能した増毛町の歴史を学ぶことができます。

増毛町総合交流促進施設 元陣屋‐増毛町
増毛町総合交流促進施設 元陣屋‐増毛町
<増毛町総合交流促進施設 元陣屋‐ペーパークラフト>

総合交流促進施設「元陣屋」では、増毛の歴史にゆかりのある人やものをペーパークラフトで作ってみよう、というコンセプトで、人や建物、動物や乗り物など7つのテーマを選んでペーパークラフト楽しめます。
工作を楽しみながら、同時に増毛の歴史にも興味を持っていただければ幸いです。
また会場まで足を運ぶことのできない方のために、HPから印刷用のデータをダウンロードできるようになっています。


【歴史】幕末の1853年はペリーが黒船で浦賀に来航した年で、当時の和人(日本人)の漁場は樺太にまで拡大していました。
しかしこの年、ロシア船が樺太のクシュンコタンを占拠するという事件が起こります。
そのため急きょ北方警備の必要が生じ、蝦夷地(北海道)各地は幕府の直轄となり、東北諸藩が警備と開拓に赴き、陣屋を各地に建設しました。
秋田藩は宗谷と樺太にも陣屋を築いて警備にあたりましたが、こちらは「出張(デバリ)陣屋」と呼ばれ、夏の間だけの警備を行い、冬の間は増毛に戻ってきて越冬することになっていました。
ロシアと交戦することはありませんでしたが、建物は非常に簡素なつくりで、冬の間には多くの凍死者や病死者が出ました。
原因の多くは冬季間の野菜不足による水酒病(現在の壊血病)と言われており、多い年では一冬で30名以上が病気で命を落としています。
彼等にとって一番恐ろしかったのは、ロシア軍よりも北海道の厳しい寒さだったのかもしれません。

北海道観光スポット

留萌観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.