みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

アポイ岳‐様似町

アポイ岳‐様似町

山が『幌満橄欖岩』と呼ばれているカンラン岩でできており、特殊な自然体系となっていることにから、1952年に高山植物帯が「アポイ岳高山植物群落」として国の特別天然記念物に指定され、1981年には日高山脈襟裳国定公園の特別保護区となりました。
標高が低いわりに、特殊な岩体のため森林が発達せず、蛇紋岩植物が生育する高山植物の宝庫として有名です。

  • 定休日/火曜(祝日の場合は翌日)
  • 営業時間/9:00~17:00
  • 住所/北海道様似郡様似町平宇
  • 電話番号/0146-36-3601

地域情報
日高支庁(ひだかしちょう)は、本道の中央南西部に位置し、南北に連なる日高山脈とほぼそれに並行して走る海岸線に狭まれた長方形上の地理的条件にあります。
隣接する支庁は、北東は日高山脈を境に上川・十勝両支庁に、北西は胆振支庁にそれぞれ接しており、南は太平洋に面しています。
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道336号線すぐ側です。


<アポイ岳‐自然がたっぷり>

アポイ岳は、「北海道の背骨」と呼ばれる日高山脈の南端にあります。
日高山脈が海に没するところ、襟裳岬にほど近いところにあります。
様似町からは東側に海からせり上がって見える山です。
標高は低く、気軽に登山楽しめる山です。
この山の不思議なところは、標高が低いにもかかわらず2000メートル級の山に登ったかのような光景に出会うことです。
標高500メートルを越えると高い木は無くなり、ハイマツが生い茂ります。

アポイ岳‐様似町
アポイ岳‐様似町
<アポイ岳‐世界でココだけ>

アポイ岳は、珍しい植物で有名ですが、なぜ珍しい花々がこの山にだけ咲くのか?その理由として、この地域は夏の間濃霧に覆われやすく、気温が上がらないことが挙げられます。
もう一つは、アポイ岳そのものが「かんらん岩」という特殊な岩石で出来ている、ということです。
「かんらん岩」は普通の植物の成長を妨げる働きがあり、それに適応できた植物だけが生き残ったのです。
しかも世界でここにしかない植物も生えているのです。
なので、世界でココでしか見れない植物を見に訪れる方が大勢います。


アポイ岳は日高の山々の中でもっとも容易に登れる山で、だいたい2時間半で頂上に立てる高さです。
花の名山で「アポイ」の名を冠する花もいくつかあります。
最も一般的な登山道は西側のアポイ山荘からのもので、多くの登山者が利用しています。
他に南側の幌満からのもの、北側のピンネシリへの縦走路があります。
ここの山麓には町が設置したアポイ山荘という宿やもあり、キャンプ場も整備されています。
キャンプに来られる家族も多いです。

北海道観光スポット

日高観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.