みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

旧日本郵船株式会社小樽支店‐小樽市

旧日本郵船株式会社小樽支店‐小樽市

近世ヨーロッパ復興様式の建築を再現し、石造り2階建の建物で国の重要文化財に指定されています。
明治39年建築を当時の状態に復元し、一般公開しています。
格式高い外観は「関東以北に例をみない一大建築」と絶賛されました。
日露戦争後のポーツマツ条約に基づく「南樺太国境画定会議」もここで開かれました。
一階はかつての営業室です。

  • 定休日/月曜(祝日除く)、祝日の翌日(土日は除く)
  • 営業時間/9:30~17:00
  • 住所/北海道小樽市色内3-7-8
  • 電話番号/0134-22-3316

地域情報
後志支庁(しりべししちょう)は、北海道の支庁のひとつ。
支庁所在地は、倶知安町。
管内には小樽市があり、その他に19の町村を抱える。

面積/4,305.7km2
人口/248,251人
世帯/116,179世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道454号線すぐ側です。


<旧日本郵船株式会社小樽支店‐風格ある建物>

中へ入ると、太い木の柱やカウンターがありこの建物の風格を感じさせられます。
小樽の栄華を今に伝える重厚な館内にため息がでる位です。
受付はかつての支店長室で、二階は貴賓室と会議室があり、特に当時のデザインが細部に至るまで再現された模様は圧巻です。
貴賓室は、寄せ木造りの床で、空色漆喰の天井、菊模様金唐革紙の壁、鏡付の大理石暖炉など、当時の材質とデザインが細部に至るまで再現されております。

旧日本郵船株式会社小樽支店‐小樽市
旧日本郵船株式会社小樽支店‐小樽市
<旧日本郵船株式会社小樽支店‐設計者は佐立七次郎>

日本郵船は1954(昭和29)年まで営業していましたが、1955(昭和30)年に市が譲り受け、小樽市博物館として利用していました。
その後、1969(昭和44)年に国の重要文化財に指定されましたが、傷みがひどくなり、1984(昭和59)年から3年間、全面的な修理復元工事を行い、当時の雰囲気を再現しました。
設計者の佐立七次郎(1856年~1922年)は安政3年讃岐藩士の家に生まれ、工部大学校造家学科(現東大工学部)の第一期生です。


この建物は1906(明治39)年11月に2階会議室で日露戦争後、樺太の日露国境画定会議が行われた歴史的建物でもあります。
また、会議終了後、隣の貴賓室で祝盃が交わされたという歴史的遺構でもあります。
建物は小樽運河から1本内に入った道路沿いに作られ、道路沿いの東面から運河が望めます。
東面を正面として、中央に張り出し型の表玄関を配した左右対称の配置をとっています。

北海道観光スポット

後志観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.