みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

宮の台展望台‐豊富町

宮の台展望台‐豊富町

宗谷本線、徳満(とくみつ)駅の東1km、小高い丘の上に建つコンクリート製の展望台が、宮の台展望台。
この宮の台展望台からは、サロベツ原野の北半分、「上サロベツ」が一望出来ます。
かつてここを訪れた高松宮殿下が、ここからの眺めに感動し、「宮の台」と改名されたと言われています。
かなたには、利尻山も望めます。

  • 開設期間/なし
  • 受付時間/なし
  • 住所/北海道天塩郡豊富町徳満
  • 電話番号/0162-82-1728

地域情報
宗谷支庁(そうやしちょう)は、北海道の最北に位置し、東部はオホーツク海、西部は日本海、南部は上川・留萌及び網走地方に接し、北部は宗谷海峡を経てサハリン(旧樺太)を望み、さらに日本海には利尻・礼文島があります。

面積/4,050.76km2
人口/75,665人
世帯/32,030世帯
アクセスMAP
MAP便利な交通情報

国道40号線すぐ側です。


<宮の台展望台‐宮の台展望台の歴史>

この宮の台展望台は、徳満駅から目梨別間の道路を約1キロ登ったところにあり、昭和42年10月20日、二階堂北海道開発長官の来町を機会に、鉄骨構造展望台、高さ5.1メートル、展望者50人用、工費120万円をもって造られました。
別名、徳満展望台、元の名前をサロベツ展望台とも言います。
展望施設は1967年に竣工しました。
また豊富町が宗谷地方の酪農発祥地なので、牛の親子のモニュメントもおかれています。

宮の台展望台‐豊富町
宮の台展望台‐豊富町
<宮の台展望台‐緑色一色の広がり>

ガラス張りの鉄塔が建てられたのは昭和42年と、結構歴史が古いです。
南北に広がるサロベツ原野を見下ろすように一望でき、天候が良く雲がなければ利尻も見えます。
ガラス張りの鉄塔から見下ろす大地は緑色一色が広がり、まさに北海道を満喫する光景です。
酪農の街を誇るかのように、町の酪農発祥の地の記念碑があります。
しかし、説明文の文字がはがれてメチャクチャで読むのに一苦労必要かも知れませんよ(笑)


☆アクセス(車) 稚内空港から国道238号を稚内市街方面に7km走った潮実交差点を左折、国道40号を豊富町の中心部から5kmくらい北へ、JR徳満駅のあたりを、東に入ったところにあります。
(駅とは反対側)看板は出ていますが、うっかりすると通りすぎてしまうので注意です。
☆駐車場(収容台数) 20台程☆駐車料金 無料です。
☆アクセス(電車) JR徳満駅から徒歩20分です。
展望台の近くには綺麗なトイレも完備されています。

北海道観光スポット

宗谷観光スポット

北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.