みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

ビート資料館‐帯広市

ビート資料館‐帯広市

帯広・十勝地方で150年もの年月をかけて作り上げてきた代表的な農産物、砂糖の原料となるビート栽培や糖業に関する資料を模型や写真・パネル・映像などで分かりやすく展示しています。

  • 定休日/日曜日、祝日、奇数週の土曜日、年末年始(12月31日~1月5日)ほか(要問い合わせ)
  • 営業時間/9:30~16:30(第2・4土曜は11:45まで)
  • 住所/帯広市稲田町南8線14番地
  • 電話番号/0155-48-8812

地域情報
十勝支庁(とかちしちょう)は、現在、1市16町2村で構成され、日本最大の食料基地としての役割が期待されています。
面積/10,831.24km2
人口/358,313人
世帯/154,070世帯
アクセスMAP
MAP

道道1084号線(稲田通)イトーヨーカドー・スズランボウルのすぐ側です


<ビート資料館‐砂糖大根と帯広1>

館内に入るとビデオブースがあり、砂糖大根がどのように加工されて砂糖になるのかを分かりやすく紹介しています。
砂糖がなぜ、白いのか?など科学的な処理をしているからじゃなく砂糖大根の汁を搾った後実は『石灰』を入れるのだそうです。
そうすると汚れは沈殿物として沈みその後、上澄み液を煮詰めて砂糖にするのだそうです。
また、ビートっていうのはホウレンソウと同じアカザ科の仲間なので搾りカスは、牛の餌になるので無駄なく使えるのです。

ビート資料館‐帯広市
ビート資料館‐帯広市
<ビート資料館‐砂糖大根と帯広2>

館内に入ると精密な模型で昔の建物を再現していてタンク施設や、ボイラー、家電発電設備など忠実に再現されていて昔使用した機器など紹介されています。
日本甜菜製糖株式会社ヘ、現在、東京に本社を構えていますが、研究所や施設の大部分と十勝に残していて本当は、スズラン印は十勝だったんです。
十勝は、牛乳だけじゃなく十勝=甘い物と考えても過言ではない所なのです!!


十勝の歴史と砂糖の作り方など、他にもビート運搬の専用線として敷設され地域の足としても使われた十勝鉄道の切符なども展示されており、鉄道ファンにもおすすめです。
十勝の歴史を知る事ができる事間違い無し!
十勝に来たらビート資料館へ足を運んでみてはいかがでしょうか?


北海道観光スポット

十勝観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.