みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

ひがし大雪アーチ橋‐上士幌町

ひがし大雪アーチ橋‐上士幌町

十勝と上川を結ぶ国道273雪線は、ひがし大雪の上士幌~糠平~十勝三股の山岳、森林地帯を南北に貫いています。
この国道に並行して、まるで古代ローマ時代の水道橋を思わせるような大きな高架橋を所々で見かけます。
それらの橋はいったい何ものなのでしょうか?それらは、1936年から1955年にかけて造られ、かつての国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋なのです。

  • 定休日/無し
  • 営業時間/無し
  • 住所/上士幌町
  • 電話番号/01564-2-3355

地域情報
十勝支庁(とかちしちょう)は、現在、1市16町2村で構成され、日本最大の食料基地としての役割が期待されています。
面積/10,831.24km2
人口/358,313人
世帯/154,070世帯
アクセスMAP
MAP

国道273号線すぐ側です。


<ひがし大雪アーチ橋‐アーチ橋が作られた理由>

士幌線は1000m進むと25m登るという急勾配と半径200mのカーフが続き、終着十勝三股駅は海抜661.8mと北海道の鉄道の駅で最も高い位置にあるなど本格的な山岳路線でした。
特に、音更川の渓谷に沿って造られたために、たくさんの橋を造る必要がありました。
そこで、工事費を押さえる為に、現地でとれる砂利や砂を使って造ることができ、また、音更川の渓谷美に似合った橋の形にしたいということからアーチ橋をかけることになりました。

ひがし大雪アーチ橋‐上士幌町
ひがし大雪アーチ橋‐上士幌町
<ひがし大雪アーチ橋‐特徴>

北海道で初めて造られ、全国でも初期の大型コンクリートアーチ橋です。
士幌線で作られたアーチの大きさはほとんどが10mです。
しかし、泉翠橋の通称で親しまれている築三音更川橋梁では音更川をひとまたぎするために、32mのアーチが造られました。
これは当時の日本の鉄道用としては大きなもので、第三音更川橋梁の成功により日本各地で大きなアーチ橋が造られるようになりました。
もちろん、このような大きなアーチ橋の建設は北海道では初めてでした。
周辺環境と景観を考えたことです。
国立公園の中に造られることを考慮して、周辺の渓谷美にマッチした構造となるようにアーチ橋となったことが記録に残されており、評価されています。


また、自然景観に配慮された橋でもあり、国立公園の中に造られることを考慮して、音更川の渓谷美に似合った橋の形にしたいということから渓谷美にマッチした構造となるようにアーチ橋となったことが記録に残されています。
周辺環境と景観を考えたことが重要です。
今では、観光目的でこの場所を訪れる人も多いです。
ぜひ一度見に来てください。


北海道観光スポット

十勝観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.