みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

ひがし大雪博物館‐上士幌町

ひがし大雪博物館‐上士幌町

ひがし大雪博物館は、大雪山国立公園の南東部糠平温泉にある自然史博物館です。
「開道百年事業」の一環として北海道から補助金をもらって建設され、1970年(昭和45年)に開館しました。
その後、1985年に大規模な展示更新を行い現在に至っています。
大雪山国立公園を中心とした地域の自然を標本やパネルで解りやすく展示しているほか、熱帯地域を中心とした世界の昆虫類の標本も多く展示しています。

  • 定休日/毎週月曜日・祝日(11月~3月) 年末・年始
  • 営業時間/午前9時~午後5時
  • 住所/河東郡上士幌町糠平温泉
  • 電話番号/01564-4-2323

地域情報
十勝支庁(とかちしちょう)は、現在、1市16町2村で構成され、日本最大の食料基地としての役割が期待されています。
面積/10,831.24km2
人口/358,313人
世帯/154,070世帯
アクセスMAP
MAP

国道273号線すぐ側、糠平湖の近くです


<ひがし大雪博物館‐第一展示室>

ここには北海道の動物達の剥製があります。
ジオラマによる展示コーナーにはエゾシカやキタキツネ、フクロウといった動物達の大自然に生きる動物達を生の迫力で見る事ができます。
普段間近で見る事ができない野鳥なんかも数多くいて自然な姿でゆっくりと観察することができます。
このほかにもカワウソ・ナキウサギ・クマゲラなどの希少種のはく製も展示されているのでとても楽しんでいただける場所になっています。

ひがし大雪博物館‐上士幌町
ひがし大雪博物館‐上士幌町
<ひがし大雪博物館‐第二展示室>

ここには世界の昆虫の標本が数多くあります。
蝶はもちろん、カブトムシなど数多くがあります。
数多くある中で一番の目玉はブーゲンビルトリバネアゲハという蝶です。
1914年ソロモン諸島のブーゲンビル島で発見され、その名がつきました。
あまりに採集例が少なく、その生態は不明のままだったが、後にビクトリアトリバネアゲハとデュルフィーユトリバネアゲハの中間雑種と判明。
是非本物を目にして下さい。
この蝶を気軽に目にすることが出来るのは日本ではここだけかも知れません。


第三展示室には大雪山国立公園の地形、地質、地史、地下資源・大雪山国立公園を舞台にした人間の足跡・アイヌの人々の動物、植物に対する知識などが分かるようになっています。
アイヌの人がキハダの樹皮で作った ユニークな船ヤラチィプなんか展示しています。
黒曜石などで作られた石器なんかも展示しているのでとても勉強になります。
この用に大雪の動物や歴史を学ぶことができるのでぜひ一訪れて見てください。


北海道観光スポット

十勝観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.