みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

旧国鉄士幌線アーチ橋橋梁群 ‐上士幌町

旧国鉄士幌線アーチ橋橋梁群 ‐上士幌町

市街地から糠平、十勝三股の山岳森林地帯を南北に貫く国道273号に並行して所々に見かける、かつての国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋。
中でもタウシュベツ川に架かる通称めがね橋は糠平湖の水かさが増える6月頃から湖面に沈み始め、10月頃には湖底に沈みます。
水かさが減る1月頃から凍結した湖面に再び姿を現すため、幻の橋といわれています。

  • 定休日/無し
  • 営業時間/無し
  • 住所/北海道河東郡上士幌町
  • 電話番号/01564-2-3355

地域情報
十勝支庁(とかちしちょう)は、現在、1市16町2村で構成され、日本最大の食料基地としての役割が期待されています。
面積/10,831.24km2
人口/358,313人
世帯/154,070世帯
アクセスMAP
MAP

国道273号線に並行して各地に見られます


<旧国鉄士幌線アーチ橋橋梁群 ‐タウシュベツ川橋梁 >

タウシュベツ橋梁(タウシュベツきょうりょう)は、北海道上士幌町の糠平湖にあるコンクリート製アーチ橋。
タウシュベツ川橋梁とも呼ばれる。
よく晴れた風のない日に、湖面に橋が映るとめがねのように見える。
またアーチ橋ということもあり、「めがね橋」の別名をもつ。
古代ローマの遺跡を思わせるその姿は、周辺の景色とも調和しているとされる。
第1回北海道遺産に選定された「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の1つである。

旧国鉄士幌線アーチ橋橋梁群 ‐上士幌町
旧国鉄士幌線アーチ橋橋梁群 ‐上士幌町
<旧国鉄士幌線アーチ橋橋梁群 ‐メガネ橋の建設>

昭和27年12月から工事の始まった糠平ダムが完成すると士幌線の一部が水没することになりました.そこで昭和29年から新しい線路の建設が始まりました.新しい線路でも,糠平第一,第二陸橋,下の沢陸橋,中の沢陸橋,糠平川,三の沢橋梁など数多くのめがね橋が昭和30年8月までに建設されました.糠平川橋梁は,いまは遊歩道の一部となって親しまれています.列車が来なくなってからの20年間に成長した木々が独特な風景を作っている眺めは,国道のそばの三の沢橋梁で簡単に見ることができます。


アーチ橋の周辺ではシーズンになるとミズバショウやルピナスの郡生が見る事ができます。
橋を見ながらゆっくりと散策している人もたくさんいます。
また、植物だけでなくウサギやキタキツネ、シカなど、野生の動物達が姿を見せることもあります。
ときたまくまが出ることもあるので注意してください。
普段あんまり見る事がない昔の橋をぜひ一度見に来てください。


北海道観光スポット

十勝観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.