みるくる北海道タウンは観光・宿泊施設・企業情報などの情報が満載のポータルサイトです。温泉や雪祭り、記念碑から公園、美味しいグルメスポットまで幅広く発信中です!

帯広の森‐芽室町

帯広の森‐芽室町

夏は体育館、冬季はスケートリンクとして開放、野球場はプロ野球にの日本ハムの試合が毎年一試合行われます。
公園内の施設はスポーツ施設や文化施設の数は25あります。
陸上競技場やパークゴルフ場など休日は多くの家族連れで賑わいます。
また市民の方により昭和50年から市民植樹祭を開催。
平成16年まで30回、14万8千人が参加し、23万本を植樹しました。

  • 定休日/各施設によって異なる
  • 営業時間/各施設によって異なる
  • 住所/北海道芽室町河西郡芽室町北伏古東7線5番地
  • 電話番号/0155-47-3236(財団法人帯広市文化スポーツ振興財団)

地域情報
十勝支庁(とかちしちょう)は、現在、1市16町2村で構成され、日本最大の食料基地としての役割が期待されています。
面積/10,831.24km2
人口/358,313人
世帯/154,070世帯
アクセスMAP
MAP

帯広市街から車で30分ほどです。


<帯広の森‐アイスアリーナ>

アイスホッケー・フィギュアスケート・カーリングなどに利用することができる公認リンク(60m×30m)を備えている。
観覧席は2500席あり、日本リーグなどの大きな大会が毎年開催されている。
国体など多くの大会の会場になっています。
日本船舶振興会(日本財団)の補助金を受けて建設した隣には第二アイスアリーナもあり毎日ちびっ子から社会人まで幅広い年代の方々が利用されている。

帯広の森‐芽室町
帯広の森‐芽室町
<帯広の森‐野球場>

帯広市を中心とした十勝支庁管内の高校野球公式戦や中学野球の試合会場としても使用されている。
野球場として利用できるのは5月~10月の6ヶ月間に限定される。
オフシーズンである冬季(1月~2月)には、外野スタンド右翼側の一部を利用したミニスキー場が開設され、ミニスキーやソリ遊びを楽しむことができる。
プロ野球公式戦が初めて開催されたのは1991年夏で、対戦カードは日本ハムファイターズ対オリックス・ブルーウェーブだった。
以後、概ね2年に1度の割合で公式戦が開催されていた。


多くの施設が建設されている為、陸上競技場やパークゴルフ場など休日は多くの家族連れで賑わいます。
また野球場には毎年プロ野球公式戦が行われ賑わいます。
北海道日本ハムファイターズ稲葉篤紀選手の応援導入部である「稲葉ジャンプ」は禁止されています。
アイスアリーナには国内トップレベル選手の練習拠点に指定されています。
多くの子供達が間近でトップレベルの滑りを見る事ができる素晴らしい環境になっています。


北海道観光スポット

十勝観光スポット


北海道発!おすすめスープカレー店!

あなたの街の秘密を教えてください

スポンサーリンク


Copyright © 2010 SHINPU All Rights Reserved.